榎ビジネスサポート

事業承継

事業承継コンサルティング
顧問Kの承継心得帖

後継者の心構え

「進取の気性」と「知行合一」後継者にとって大切なことはいろいろとありますが、まずは前回の記事で申し上げた「問題」について、何が解決していて何が未解決かということをきちんと把握することが大切です。きちんと把握し、改革を行う。社訓・家訓における大切な部分は守りつつ、保守ではなく革新を。知行合一、知るだけでは不十分で、重要なのは行動です。

経営権が分散、事業の先行き不安、重税感、個人保証負担等、があり、後継者はそもそも事業承継の意欲を喪失しがちです。先代が盾となってくれ、後継者が楽しみながら行動できるよう協力・助言もくれるような状況が理想です。そうできるような関係づくりも大切ですね。つらいことは多くあると思いますが、「進取の気性」を持ち、常に前向きに行動しましょう。