榎ビジネスサポート

事業承継

事業承継コンサルティング
顧問Kの承継心得帖

資産対策より大切なもの

「トラブルの芽を注意深く探し出し、解決しておくこと」事業承継はオーナー家の資産対策・相続対策が第一ではないということをまず認識しなければなりません。顧問の先生方の中には株価対策だけを注視し、進言されている方もおられますが、それだけを考えていると弊害が生まれる恐れがあります。

ご存知のように、税法は毎年のように変動しており、そのようなものに振り回さえれていてはいつまで経っても事業を承継していくことができないでしょう。節税対策に囚われすぎないことが重要です。何も対策をしていなかったとしても、”財産の半分は残るんだ”と大きな心構えをまず持つことが大切です。最高税率の相続税が課税される人はほんの一握りなのです。

文頭で述べたように、いちばん大切なことは、環境や背景、組織風土、会社の理想、理念、許認可、取引先の関係、親族関係、古参従業員との関係など、様々な要因を精査し、なにか問題が起こる要素がないかを検討すること、そして、その解決策を図ること。ひとたび問題が表面化し、トラブルとなると、相続税よりも遥かに高いコストをかけてそれを解決することになるかもしれません。最も高いコストはトラブル解決費用なのです。「トラブルの芽を注意深く探し出し、解決しておくこと」これが重要です。